就活で変われ ~「キミを雇いたい!」と思われるための視点・スタンス・スキル

山形のこわくないキャリアカウンセラーわたなべの 就活生向けサイト

アドバイスのモヤモヤ

企業の人事の方や、リクルーターさん、 

インターン先の企業の方、先生、親、 

キャリアカウンセラーなどから 

就活に関して 

いろいろアドバイスをもらうでしょう。 

 

複雑な感情が湧きませんか。 

 

例えば面接練習の時に 

「今の言い方だと軽く聞こえる」とか 

「もっと誠実さを出して」とか 

言われますよね。 

ES添削の時も 

「これじゃ伝わってこない」とか 

「もっとやる気を伝えて」とか 

言われましたよね。 

 

本当だったらさ 

「いいね」「すごいね」「今の調子で」 

とか言われたいんですよね。 

つまり、褒められたい。 

今の自分は良いと評価されたい。 

 

人間だれしも、そうでしょう。 

 

だから、そうでない言葉をもらうと 

あたかも 

批判・否定されてるように感じてしまい 

モヤモヤが残ってしまう。 

褒めてくれないのは、私の良いところを 

見つけようとしてくれないせいだ、と 

相手の大人を責めたくなってしまう。 

 

自分の期待通りの言葉が来なかったのだから 

誰でもそうでしょう。 

 

でも、それで怒ったり 

認めてもらえないと嘆いたり 

傷ついて殻にこもったりするのは 

もうやめ。 

打たれ弱い子どもの自分を 

卒業しませんか。 

 

いいですか。 

 

アドバイスなんです。 

 

大人が「もっとこうした方がいい」と 

あなたに言ってくる言葉は 

アドバイスなんです。 

あなたを責めるために言うのでなく 

あなたにもっと成長してもらいたくて 

言うのです。 

 

アドバイスを叱責と捉えないこと。 

自分の成長のカギをもらったと捉えること。 

いじけたらそこで成長ストップです。 

言われた通りに変えてみましょうよ。 

それは自分を曲げることでなく 

より良くなるための一歩なんです。 

だって自分をより良く変えたいから 

大人に相談してるんですよね。 

 

学生から社会人へ 

人生で最も激しい大変動の中にいます。 

今までの自分から新しく生まれ変わるのに 

傷みも苦しみも伴って当たり前。 

そこに大人から応援の後押しを 

もらっているのです。 

利用していいのですよ。 

アドバイス、受け取りましょう。 

自分の青いこだわり、捨てましょう。 

自己変革、起こしましょう。 

 

f:id:career-re-birth:20190506213818j:plain

こわくないキャリアカウンセラー Re-Birth(リバース)わたなべ 

 

山形で就活サポート・キャリアコンサルティング・キャリアコンサルタント受験対策 キャリア Re-Birth(リバース) 

 

https://re-birth-y.com/career/