就活で変われ ~「キミを雇いたい!」と思われるための視点・スタンス・スキル

山形のこわくないキャリアカウンセラーわたなべの 就活生向けサイト

向いている仕事

新しい年が明けて10日余り。 

皆さんもう始動していますか。 

 

今年もこちらのブログでは  

就活生や、若い求職者の皆様に  

役立つお話を  

キャリアコンサルタントの立場から  

発信していきたいと思います。  

どうぞよろしくお願いいたします。  

  

なお  

働く方や雇用主向けのブログは↓こちら  

https://career-re-birth-waratte.hatenablog.com/  

  

キャリアコンサルタント向けのブログは  

↓こちら  

https://career-re-birth.hatenablog.com/  

  

 すべての情報をまとめた 

キャリアRe-Birthのサイトは  

↓こちらになります。  

https://re-birth-y.com/career/  

 

☆.。.:*・゚ ☆.。.:*・゚ ☆.。.:*・゚ 

 

働いた経験のない、もしくは 

働いた経験の少ない若い方は 

周りの人からいろいろな職業を勧められると 

こう言って断っていませんか。 

「それは私に向いていないから、やらない」 

「向いていない仕事をすると、できなくて 

結局周りに迷惑をかけるから、やらない」 

 

さて 

その職業は、あなたに 

本当に向いていないのでしょうか? 

何をもって、そう思いましたか? 

まだやってもいないのに、 

向いていないって 

どうしてわかるんですか? 

 

もしかして 

やったことのないことをやって 

失敗するのが怖いのですか? 

よく知らない職業は全て 

‟向いていない”のカテゴリに 

入れてしまっているだけではないですか? 

合わせる努力をするのが嫌なのですか? 

 

仕事があなたに 

向いているか・向いていないか は 

実は、あなたが決めるのでなく 

 

周りが決めてくれることなのです。 

 

自分で決めようとすると、どうしても 

好きなこと・やりたいことを 

‟向いている”カテゴリに入れがちでしょ。 

でも、仕事のパフォーマンスは 

あなたの好き嫌いではなく 

職場にどれだけ貢献できたか 

が重要なのです。 

それを判断するのは、職場。周り。 

社会に向けてあなたの働きが 

どんな意味をもたらせたか、は 

周りが評価することです。 

 

新入りで、経験も浅く、全体も見えていない 

主観的な、あなたの判断より 

その職場のあらゆる仕事を知っている 

上司・先輩の判断の方が正しい筈。 

 

あなたのこと、あなたの仕事の質を 

客観的によく見ている周りの人が 

「これはあなたに向いている」と 

判断し、あなたに与えるのであれば 

あなたは、全力で、それに取り組むべきです。 

 

「向いていない」は、もはや 

逃げたい時の言い訳。 

 

与えられた仕事なら 

向くように努力しましょう。 

出来・不出来よりも 

あなたのその姿勢を見て、周りの人は 

「のびしろがあるか」 

「見込みがあるか」判断してくれます。 

 

f:id:career-re-birth:20190104134131j:plain

 

こわくないキャリアカウンセラー Re-Birth(リバース)わたなべ 

 

山形で就活サポート・キャリアコンサルティング・キャリアコンサルタント受験対策 キャリア Re-Birth(リバース) 

↓ 

https://re-birth-y.com/career/