就活で変われ ~「キミを雇いたい!」と思われるための視点・スタンス・スキル

山形のこわくないキャリアカウンセラーわたなべの 就活生向けサイト

自分の未来を考える必要性

8月下旬の日経産業新聞日経新聞に 

東北大キャリア支援センター長さんの 

お話が載っていました。 

 

内容は留学生の日本での就職活動に 

ついてでしたが 

 

“「日本で働きたい」 

「自分の専門を活かしたい」だけでは 

就職に結びつかない、 

大切なのは自分のキャリアをどう考え 

なぜその企業で働きたいかを 

説明できること” 

 

とおっしゃっています。 

 

留学生にも求められるわけですから 

 

留学生ではない方にも 

当然必要なこととなります。 

 

自分のキャリアをどうしたいと 

考えているか、説明できること。 

その上で、なぜその企業なのか 

説明できること。 

 

「御社で活かせる技術を 

大学で学んだから」では足りない。 

別に活かさなくってもいいのに 

なぜそれを活かして生きていきたいのか、 

他の企業でだって活かせるのに 

なぜこの企業なのか。 

 

「生まれ育った地元に貢献したい」では 

論外。 

じゃあこの地区であれば 

どの企業でもいいってことね、となる。 

その企業でなければならない意味は何か。 

日本全体を、世界を 

良くしたいという思いでなく 

地元を元気にしたいのはなぜなのか。 

 

これらを説明できることが求められます。 

「さては、よく考えずに決めたな…」 

と思われないように。 

 

では、自分のキャリアを考えることが 

なぜ必要なのでしょう。 

 

昔と違い、世の中は、産業は 

目まぐるしく変化する時代になりました。 

新たな技術は数年で古くなりますし 

潮流も激しく変わります。 

そんな中で企業が生き残っていくためには 

時代の変化に柔軟に乗れること 

先を読み、風を感じ、新しい手を打てること 

臨機応変な対応ができること 

等が必要となります。 

 

企業は、人です。 

こういう人が、企業には必要なのです。 

 

でも就活生さん達が 

「私は臨機応変な人間です」 

「新しいことが好きな人間です」 

と口で言って、信じてもらえるでしょうか。 

たとえ具体的な根拠を並べられても 

未来の荒波を乗り越える力が本当にあるか 

企業の側には、わかりません。 

 

そこで企業側が確かめたいのが 

皆さんの【キャリアヴィジョン】です。 

 

キャリアヴィジョンというのは 

部長までなりたい、とか 

年収1000万を目指す、とか 

何歳で子どもを産みたい、とか 

だけではありませんよ。 

 

自分はこんな社会人になっていきたい 

こういう成長をこれからしていきたい 

なぜならここに価値を置いているから 

社会にこういう意義を残したい 

自分はこう生きたい 

 

これをしっかり言える、 

これをしっかり考えている就活生さんは 

社会人としても大丈夫だろう 

これからの大変な時代でも 

力を発揮してくれそうだ、 

と思ってもらえるのです。 

 

これが土台に確固として在り 

その上で、自己実現のために 

御社のこの部分を伸ばせる力になりたい 

これが実現するのは御社だけだ 

と説明できるとよいでしょう。 

 

確かに、空前の売り手市場です。 

そんなこと考えていなくても 

受かるかもしれないです。 

 

でも、企業に入ったら、皆さんには 

企業の存続と利益追求のために 

全力を尽くす義務が発生します。 

その時に皆さんは、企業にとって 

お客様にとって 

全てのステークホルダーにとって 

価値ある存在になっていられますか。 

 

未来にそうなっていられるよう 

道は今から始まっているのです。 

今、自分がどう生き 

どう働いていくか 

そのためにどんな所で働くべきか 

しっかり考えておきましょう。 

 

f:id:career-re-birth:20180827113108j:plain

こわくないキャリアカウンセラー Re-Birth(リバース)わたなべ 

 

山形で就活サポート・キャリアコンサルティング・キャリアコンサルタント受験対策 キャリア Re-Birth(リバース) 

↓ 

http://re-birth-y.com/career/ 

 

 

山形で日曜・祝日営業のアロマサロン・手作りアロマ アロマ Re-Birth(リバース) 

↓ 

http://re-birth-y.com/aroma/